本文へスキップ

佐野陽子ゼミナール同窓会は、慶応義塾大学商学部「佐野陽子研究会」所属の卒業生の交流の場として発足しました。

活動報告

2017年10月17日~19日 佐野ゼミ岡山旅行が行われました。

 
待ちに待っていた吉備路の旅も感動の内にあっという間に終わりました。
1日目は岡山駅に集合の後、一路バスで備中国分寺へ。
稲穂に囲まれた田園風景の中に泰然として立つ五重塔は、江戸後期から現在まで日本の歴史を静かに見つめてきた風格さえ感じました。
次に向かった閑谷学校では、岡山藩が昔からいかに「人間教育」に力を注いできたかを再認識させられました。
夜は老舗の「吉井旅館」で洒落たコース料理とゼミ7期 池田氏(広島銀行頭取)差し入れの銘酒3本(あっという間に無くなりました)で恒例の大宴会、小雨の中での倉敷美観地区お散歩と相まって1日の締めくくりにふさわしい夜となりました。
2日目は晴天の下、フェリーで直島に渡り、地中美術館と本村「家プロジェクト」をひたすら歩き回り、古代と近代の建築アートを存分に鑑賞し、加えて新鮮な海鮮丼まで味わうことが出来ました。
そして夕食は倉敷まで戻り、「愛道園」にて高級焼肉料理とお酒を堪能し1日の疲れを癒しました。
 最終日は児島にあるゼミ3期 髙田氏の会社(髙田織物㈱)見学の機会を頂き、並々ならぬ企業努力の一端を垣間見ることが出来ました。(髙田社長 大変お世話になりました!)

 (2期 砂川)

フォトアルバム


バナースペース

佐野陽子ゼミナール同窓会